スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県シェルターにて

9月13日夕方、シェルターでのお世話が終わるころ、
3頭の犬が獣医さん、保健所の職員さんに連れられて
やってきました。

この日、双葉、浪江、富岡の各町で保護された子達
だそうです。
飼い主さん依頼が1頭、放浪していた子2頭。

「意外と太ってるねぇ」と、シェルタースタッフさん。

「栄養悪くないんだよな~、なに食べてるんだろ。」と獣医さん。

(たくさんのボランティアさんが、苦労しながらごはん、置いてきて
 るんですよ。きっと、それを食べてるんですよ)

と、心の中でつぶやきました。

その餌やりさえ、現在はままならない状態に陥っています。

捕まえられない子は仕方がないと、みんな見捨ててしまう
つもりなのでしょうか。
餌がなくなり、水も自由に飲めなくなれば、死ぬことは
誰もがわかっていることです。

お腹を空かし、喉もからからで、毎日じわじわと死が迫ってくる。
そんな状況に人間がおかれたら、何をおいても助けに行くのでは
ないですか?

ずっと人間と一緒に暮らしてきた子たちをそんな風に
見捨てられるのですか?
福島県知事さん、環境省の官僚さん、福島担当の国会議員さん、
あなたの家の子だったら、放っておけますか?

ある新聞では、「野犬化した犬は、保護が困難。」と。
6か月もだらだらと放置しているからなのに、
暗に、保護困難だから死んでも仕方ないと、言い訳を
しているように聞こえます。

なぜ、もっと速やかに大勢の手で保護することを
考えなかったのでしょうか。
保護場所が確保できないから、ということだって、
理由にはなりません。
必死に呼びかければ色々なところから助けは
得られたはずです。


今回は、体調のこともあり、断念しましたが、
来月は何としても行ってきます。
出来る事なら、もっと頻繁に行ってあげたい。
それが正直な気持ちですが、今の私達にそうすることは
できません。だからせめて、行った時には、1頭でも多く
命を救いたいのです。

正攻法でできるか色々な方に相談し、それがだめなら強行するしか
ありません。
まだ、たくさんの子が飢えや乾きと闘いながら残されているのです。


どうか、ご支援お願いいたします。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
町田市玉川学園のガルドン玉川学園店と、姉妹店の南成瀬のペットサロンHarriPoo!!がまめちびくらぶを作りました。様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれの子たちのお世話をしています。福島での支援活動も続けています。

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
東北地震犬猫レスキュー
迷子さがし
見かけませんでしたか?
いつでも里親募集中
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。