スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪江地域猫プロジェクト

浪江町から避難を続けている豊田先生と赤間さん。
お二人がタッグを組んで、たくさんのボランティアと共に
昨年の9月に始動した浪江地域猫プロジェクト。
一緒に支えて頂いている弘前大学の先生の研究室では、
避妊去勢した個体の生殖器を測定、胎内被ばくについての
研究をして頂いています。

広い地域を回り、捕獲器やえさ場の管理をしながら
残されている犬や猫を保護し、預かっている赤間さんご夫妻と
協力ボランティアさん。

被災犬猫や、その子孫たちの命を無駄にしたくない、
動物の苦手な住民の方と摩擦をなくしたい、との思いで
不妊手術を行い、さらにワクチンや
エイズ白血病検査まで自費でしてくださる先生。

その先生の助っ人で、毎月神奈川県内からいらしてくださる
獣医の先生方。



いつか、町の人たちができるだけ安心して戻って来られるように、
被災動物を家族に迎えてくださる方が不安を持たないように、
動物たちや様々なデータをとり、研究を続けてくださる
弘前大学の先生方。

携わる人みんなが、動物たちのこと、福島の復興への想いを持って
今できることを一生懸命続けています。

そして、私たちもほんの少しだけどそのお手伝いができることを
とても嬉しく思います。

DSCN0824.jpg

今では、保護された多くの子が、R=リリースではなく、人と暮らすことに
慣らしてから新しいご家族に迎えて頂いています。

DSCN0856.jpg

12月19日(金)、雪が積もり、身を切るような冷たい風が吹いていた
この場所に、小さな猫の足跡と、少し大きな犬の足跡が
残っていました。

DSCN0851.jpg

早く、早く、出ておいでね。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

この記事に拍手とメッセージをくださった皆様へ

ご訪問頂き、ありがとうございました。これからも頑張ります!
プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
町田市玉川学園のガルドン玉川学園店と、姉妹店の南成瀬のペットサロンHarriPoo!!がまめちびくらぶを作りました。様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれの子たちのお世話をしています。福島での支援活動も続けています。

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
東北地震犬猫レスキュー
迷子さがし
見かけませんでしたか?
いつでも里親募集中
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。