スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の福島の事②

7月25日。
小高に入ってしばらく行くと、見慣れないものがありました。

これ、ソーラー発電でしょうか?
試験的に始まったのかな。



またしばらくして、高台の坂道からはるか下を見下ろすと、
田んぼであったであろう広い草原に何やら動くものが!

P7251524.jpg

わかりますか?真ん中の白いぽちっとしたのが、猫さんです。

私たちに気づいて、固まってこちらを見ていたと思ったら、
その横の草の中から、小さい黒っぽい子が1匹ぴょんと跳ねました。

きっと親子の猫なのでしょう。
周りに道も見つけられず、行くのはあきらめましたが
行き止まりの草むらにごはんを置いてきました。

イノシシやほかの動物が早いか、猫ちゃんが早いか。
とにかく、少しでも食べてもらえれば。

人影のないこの地区にも、確実に猫たちは生きています。
別の地区には、後ろ足をけがしている様子のオス猫も
いましたが、捕獲はできませんでした。

町中から小高神社へ行くと、翌日から始まる野馬追の準備が
万端整っていました。

DSC_0969.jpg


そこからさほど離れていない国道脇のある場所には、
池ができています。

DSC_0973.jpg

おそらくここも、田んぼだったのではないかと思うのですが、
津波で浸水した時のまま、いつも湿っている場所です。

ほかの場所は青々とした草が生い茂っているのに、この一帯は草が
赤茶けた色に枯れてしまっていました。
塩害でしょうか。

山木屋と小高。
山木屋では急ピッチで除染が進められているようでした。
小高はすでに区域再編がなされているのに、なぜ除染が進まないのでしょう。
帰る人が少ないから?仮置き場が決まらないから?

まだまだ、私たちの知りえない問題も山積みのような気がして、
会いたかった子たちにも会えなくて、
帰り道は、重い気持ちを抱えて帰ってきました。

ゆうも、ビッキーも、シーマも、みんな家族と暮らせる日を
待っているのに。









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
町田市玉川学園のガルドン玉川学園店と、姉妹店の南成瀬のペットサロンHarriPoo!!がまめちびくらぶを作りました。様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれの子たちのお世話をしています。福島での支援活動も続けています。

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
東北地震犬猫レスキュー
迷子さがし
見かけませんでしたか?
いつでも里親募集中
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。