スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月21日回想録 続き…

あの日の夕方に体験した不思議な事。
胸の中にしまっておこうと思ったのですが、
こっそりとでもいいから教えてほしい・・・と言って下さる
方もいらしたりして・・・。

お一人でも、何か感じて下ればありがたいな、と思い
書かせて頂くことにしました。

あの日小高を回って福島への帰り道。
八木沢峠を越えて、石ポロ坂トンネルのあたりに差し掛かった時、
助手席にいた私は、ものすごい眠気に襲われました。

「運転してるTAKEさんに悪いから、寝ちゃだめだ、起きなきゃ」
と思って必死に目を開けようとするのですが、スーッと瞼が落ち
何度も眠りに吸い込まれてしまいます。

トンネルを抜けて、きれいな夕焼けが目の前に広がっているのも
見えているのですが、眠っているような、起きているような
不思議な感覚でした。

どのくらいそうしていたのかわかりませんが、突然、私の足元に
さび猫が現れ、しっぽをピーンと立てて右の足にスリスリしました。

「えー?だれ?」と思って、顔をよく確かめようとして
はっと我に返りました。
右足には、猫がスリスリした感触が強く残っていました。

「今、猫がいた。」という私に、「えっ?どこに?」
と、不思議そうなTAKEさんでした。

あの時見えた猫は現実に肉眼で見ていたのではなく、
半分閉じた瞼の奥に映し出されていたような気がします。

でも、間違いなく車の中にいて、私の足に柔らかい感触と
ぬくもりを残していってくれました。

「お墓参りしたから葵ジュニアかな?違う。もっと黒い色が
多かった。ひまりだ。」

そう気づくと同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいに
なりました。
昨年ひまりが亡くなった後、荼毘に附してもらった場所は
いつも回っている所からはとても遠く、一度も行ったことが
なかったからです。
ひまりを保護した場所を通るたびに、あの子の事を
思い出すだけでした。

この写真は、保護当日、2012年8月21日に撮ったものです。



あれは夢かもしれない。ただの、私の勝手な思い込みかもしれません。
保護した日と日にちが一緒だったのもただの偶然かもしれません。
そんな事あるもんか、と言う人もいるでしょう。

それでも私は、ひまりが、いつも私達の事を見ているよ、
そばにいるよ、と知らせてくれたのだと信じています。

ひまりだけでなく、震災や原発事故が原因で
この2年3か月あまりの間に旅立った子たちは、皆それぞれ
ご縁のあった人たちの事を見守ってくれていると思います。

生きている私たちは、
この子たちに恥じぬよう、
しっかりと生きていかなければ。

ひまり、ありがとうね。





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさま。

私の心にも、色々な思いが浮かびました。
お空へ旅立った後も、いつもみんなには教えられてばかりです。
プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
町田市玉川学園のガルドン玉川学園店と、姉妹店の南成瀬のペットサロンHarriPoo!!がまめちびくらぶを作りました。様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれの子たちのお世話をしています。福島での支援活動も続けています。

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
東北地震犬猫レスキュー
迷子さがし
見かけませんでしたか?
いつでも里親募集中
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。