FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月30日山木屋にて

今月も、山木屋を通って津島へ向かう道すじ。
なんとなく、いつもとは違う道を選んで行ってみると、
痩せた、白い子が向こうからとぼとぼ歩いてきました。

車を止めて降りると、草陰に隠れてしまいましたが
遠くへは逃げない様子だったので、ゆっくり話しかけながら
ごはんを用意。

少し離れて様子を見ていると、出てきて食べ始め、
そろりそろり近づく私をちらちら見ながらも
逃げようとしませんでした。

とても空腹だったのでしょう。
カルカンを2缶とカリカリをぺろりと
平らげました。



女の子のようだし、耳カットしてないし(避妊手術済みの地域猫には
多くの場合、目印として耳カットすることが多いのです)
痩せてて空腹のようだし・・・・。
でも、まめちびの保護枠は今、いっぱいだし・・・。
でも、切り詰めれば何とかなるかなぁ・・・う~ん・・・。

いろいろ悩みつつ、とりあえずキャリーに入って頂き
どうしたらいい?と本人(猫)に相談・・・。

DSC_0839.jpg

すると、少しして近所のお家に、一時帰宅してこられたのか
一台の車が入っていきました。

失礼を承知で、追いかけてお話を伺うと、この子は
そのおうちの子でした。

帰宅のたびにごはんをあげているとのこと。
もう1匹子がいて、その子と共に避妊手術も済ませた
という事でした。

「とてもお腹を空かせているようですね。もし、なかなかお帰りに
なれないのなら、私達がお預かりしてもよいのですが。」
という言葉が喉まで出かかりましたが、初対面でそんなことを
言い出せるわけもなく、その後、これまでの暮らしの事や、
その子たちとの関わりを伺ううちに、いっそう言い出せなくなりました。

これまで何十年も培ってきた暮らしや生業を失い、
家族はバラバラになり、故郷には住むことが
できない。

震災から2年あまりが過ぎ、少しづつ前へ向かって進んでは
いるようにみえますが、心の中には、この原子力災害を
実際に体験した当事者の方にしかわからない、故郷への想い、
つらさ、悔しさがあるという事をまたもや、ひしひしと感じました。

おそらくこの子のお腹には虫もいるでしょうから、いくら食べても
おなかが空くはず。
空腹に耐えなければならないこの子の事を思うと、置いてくる事には
複雑な思いでしたが、今は仕方がない、と自分に言い聞かせました。

また来た時にはごはんをおいていくことをお約束し、
猫ちゃんをキャリーから出し、フロントラインを
シュッシュッ!

ほんとにいい子でした。

来月まで、必ず元気でいてね。
必ずまた、会えますように。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
南成瀬のペットサロンHarriPoo!!を拠点に様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれになった子たちのお世話や新しい家族探しをしています。最近はシニア犬の保護が多く心を痛めています。

カウンター
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。