FC2ブログ

5月16日のこと③

20キロの警戒線近くを走行中
大きな神社の隣の家のご主人に呼び止められました

そのお宅は警戒線から20メートルほどの距離
柵で閉ざされた向こう側にも何件もの家が続く集落です。
10頭ほどの牛を飼育しておられるその方は
このあたりの猫は連れて行かないでくれとおっしゃいました。
車に貼ってあった犬のチラシを見て、私たちが犬猫のボランティアだと
気付かれたようです

2011_0517_094858-P5170163.jpg

警戒線の外側で、周囲に住宅のある地域にいる子は、避難区域外のお宅の子である可能性が高いので
誰もむやみに捕まえたりはしていないはず
でも、ご心配されているようなので、しばらくいろいろとお話をさせて頂きました。

そのあたりの区域内の住人の方は、それぞれ避難されていて、
時々家の様子を見に来られるのだそうです。
犬は連れて行ったけれど猫は放して行ったので、自分がえさをやっているとのこと。
自分は牛たちの行き先が決まるまでは絶対にここを動かないんだと
強くおっしゃっていました。

ガスはしばらくして通ったけれど、電気が通るようになったのは何と4月24日だったそうです!
それまで夜は懐中電灯の光での生活。
牛の餌はこちらでは手に入らず、手を尽くして宮城県まで買いに行ったそうです。

牛小屋には神社の守り札。
生まれて7カ月ほどの2頭の子牛はこの夏に競りに出して、
肥育農家さんの手に渡るそうです。

2011_0517_095149-P5170168.jpg

大切に育てられている牛たち
小屋の柵に置いた私の手をぺろりと舐めてくれました。

20キロ圏内の酪農家の方たちのことを想いました。
牛たちを置いて行かざるをえなかった方の気持ち
世話に戻ることもままならなかった時の気持ち
一時帰宅でやっと帰った時には牛舎で息絶えている牛たちを目にし、
生き残っている牛たちは安楽死させよと言われる。

みんな同じ命なのに
悲しすぎます。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ガルドンは玉川学園からなくなってしまいましたが、その軌跡は、まめちびくらぶにしっかり残っています。ペットサロンHarriPoo!!&まめちびくらぶ、頑張っています。一人でも多くの人と1頭でも多くの動物が共に幸せに暮らせますように。

みぃ

Author:みぃ
南成瀬のペットサロンHarriPoo!!を拠点に様々な理由で家族をなくした子、家族と離ればなれになった子たちのお世話や新しい家族探しをしています。最近はシニア犬の保護が多く心を痛めています。

カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
日本アニマル倶楽部
The ペット保険 PRISM お申込はこちらから